ココナッツオイルで毛穴の詰まりは取れる?クレンジングと効果を比較

結論から言えば、ココナッツオイルで毛穴のつまりを取ることは可能。

ですが、おすすめできるかといえば残念ながらオススメできません。

 

注意

それは

  • 効果の低さ
  • 油残りの危険性

があるからです。

 

そこで本記事では「クレンジングと比較してココナッツオイルはどれくらい効果があるのか」、そして「油残り」はなぜ危険なのかについて解説していきます。

 

ココナッツオイルで[メイク]は落ちるのか?

こちらの方がYouTubeでココナッツオイルのクレンジングをされています。

手順としては手のひらにココナッツオイル取り、普段のクレンジングと変わらない手順でメイクを落としていくだけです。

結論としては、メイクならココナツオイルで落とすことができます。

ただし、洗浄力は弱いためウォータープルーフのメイクを落とすことはできません。

なぜココナッツオイルで毛穴のつまりは取れる?

さきほどはメイクはココナツオイルで落とすことができると説明しました。

なぜメイクがココナツオイルで落ちるのかというと、油汚れは「油」で落とすのが一番効率的だからです。

これは毛穴詰まりの洗浄に応用する事ができます。

毛穴詰まりの原因は主に皮脂汚れによるもの。

皮脂は皮膚から分泌される油の事です。

皮脂も油の一種なので、ココナツオイルを使用する事で皮脂を浮かせて毛穴詰まりを解消する事ができるのです。

 

ココナッツオイルで毛穴詰まりを解消するのが人気の理由

人気の理由はココナッツオイルで毛穴詰まりを解消できるだけではなく、ココナッツオイルには多くの美容成分が入っているからです。

その美容効果は、ハリウッド女優や有名なセレブたちが使用しているほど。

美容成分に加えて、ココナッツオイルには殺菌作用もあるので、スキンケアとして使うのが人気の理由です。

ただし、美容効果以上に肌トラブルの危険性が上回ってしまう可能性があるのがこのココナッツオイル。

 

ココナッツオイルのデメリット

クレンジング方が洗浄力が高い

これは当たり前の事ですよね。

クレンジングは汚れの洗浄専用に作られている商品。
ですから洗浄力がココナツオイルよりも低いなんてことは絶対にありえません。

その上クレンジングには、肌に必要な成分だけをぎゅっと凝縮し配合してあります。
たしかに、家にあるココナッツオイルで毛穴詰まり鳥に使えるということは、豆知識として知っておくのはカッコ良いですが、洗浄力が落ちてしまっては話になりません。

 

食用はダメ

おそらく、ココナッツオイルで毛穴詰まりを解消したいと考えている方は、どこかでその情報を収集したのでしょう。

そして、もちろん家にあるココナッツオイルを使用して手軽に毛穴詰まりを解消したいと考えているはずです。

ココナッツオイルが家にあるほとんどの場合は、食用のココナッツオイルが置いてあると思います。

ですからその食用のココナッツオイルを使おうと考えているはずです。

でも食用のココナッツオイルを使用してクレンジングをしては絶対にダメ。

その理由は食用のココナッツオイルとスキンケア用に作られたココナツオイルは処理の工程が違うからです。

食用のココナッツオイルの場合、口から取り入れても全く問題ない成分はそのままにしてあります。
しかし、デリケートな肌にとって、スキンケア用に調整されていないココナッツオイルは、トラブルの元凶にしかなりません。

要するに食用のココナッツオイルは食べても全く問題ありませんが、肌からすればそれは不純物だらけなのです。

不純物だらけのココナッツオイルはニキビや肌荒れなどを引き起こす原因となります。

ですからどうしてもココナッツオイルを使用して毛穴詰まりを解消したい方は、スキンケア用のココナッツオイルを購入するようにしましょう。

購入してまでココナッツオイルでクレンジングを解消しようとは普通思いませんが…。

 

油残りに注意

ココナッツオイルで毛穴詰まりを解消できるのですが、注意しなければならない点があります。

それは毛穴の中にココナッツオイルが残ってしまうことです。

今までは毛穴の皮脂つまりという肌トラブルを抱えていましたが、今度はココナツオイル自体が毛穴の中に残ってしまうのです。

ココナツオイルで洗浄したでは黒ずんでいないので、一見、毛穴が綺麗になっているように思えるかもしれませんが、時間がたてば毛穴の中に残ったココナッツオイルは酸化してしまい黒ずみとなってしまいます。

これにより再び毛穴の詰まりに悩まされることになるでしょう。

つまりココナッツオイルで毛穴詰まりを解消するという事は洗浄してまた汚れてがひたすら続くいたちごっこなのです。

 

 

洗顔では油残りはできないの?

結論から言えば、洗顔で毛穴の中に残ったココナッツオイルの残りを綺麗に洗い流すことはできません。

その理由はさきほども説明したように油汚れは油で浮かして落とすしかないからです。

洗顔でココナツオイルを洗い流せるのであれば、メイクも洗顔のみで洗い流すなければつじつまが合いません。

目に見えて油が残っていなくても、実際のところは油が残っているなんてよくあることです。

ココナッツオイルを使用して毛穴詰まりを解消した後は、べたつきが残ります。

べたつきを解消するためには再びクレンジングをする必要があります。

ですから、たとえココナッツオイルで毛穴詰まりを解消できるとしても手間がかかりすぎるので、全くおすすめできない方法ということになります。

 

毛穴詰まりにココナッツオイル使用はやめましょう

ココナッツオイルのデメリットをまとめると

  • 美容成分以上にデメリットがある
  • つまりは取れても油が残る
  • 油残りは洗顔では取れない
  • 結局、脂が残ったらクレンジングをしなければならない
  • 食用ではダメ

たしかにココナッツオイルで毛穴詰まりを解消できると言う情報は、 SNS でも拡散されやすい豆知識ですよね。

ですが、本質的な部分は綺麗な肌になりたいというところにあります。

SNS映えをねらって、ココナッツオイルを使用したとしても、肌が汚くなってしまえば本末転倒です。

それに加え、油残りを再び洗い流さなければならないので、二度手間にもなってしまいます。

ココナッツオイルを使用した後に油汚れが気になるからクレンジングをするなんていうバカらしいことをする必要はありません。

そんなことするのであれば、初めから毛穴詰まりを解消できるクレンジングを使用すれば肌荒れのトラブルや、手間も省けます。

毛穴詰まりを解消できるクレンジングなら、ココナッツオイルよりもより強力な洗浄力を持っています。

それに加えて、メイク落としや、商品によってはダブル洗顔不要のクレンジングもあります。

ココナッツオイルも決して安い買い物ではありません。
それと同じくらいの値段で毛穴詰まりを解消するクレンジングを購入する事ができます。

ココナッツオイルを使用しての毛穴詰まりの対処はやめましょうね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です